お知らせ

2022/10/15(土)10/19~12/4『おぎの美術館』が期間限定でオープンします

平城宮跡歴史公園では、奈良女子大学との共同研究「平城宮跡アオハルプロジェクト」の一環として、平城宮跡の自然を多くの方に知ってもらうことを目的とした『おぎの美術館』を令和4年10月19日(水)から12月4日(日)まで、期間限定でオープンします。

『おぎの美術館』は、朱雀門北側の約7600㎡のおぎ原の中に、様々なおぎの風景が楽しめるように一本の小道を通し、おぎ原をひとつの”美術館”に見立てたプロジェクトです。平城宮跡に残されたおぎ原を中心とした自然の魅力を多くの方に知っていただき、平城宮跡に足を運んでいただくとともに、平城宮跡の新たな魅力となることを目指しています。

 

平城宮跡アオハルデザインプロジェクトとは

令和2年秋、奈良女子大学生活環境学部において、平城宮跡の課題を抽出し、その改善ビジョンをポスターで表現する授業が行われました。その授業で生まれたアイデアを具現化するため、奈良女子大学生活環境学部と平城宮跡管理センターが共同研究として本プロジェクトを立ち上げました。これまでに奈良女子大学生活環境学部の有志学生メンバーと、『アオハルサイト(令和4年4月~6月)』、『いちせかプロジェクト(令和4年4月~5月)』を実施しています。(InstagramやTwitterで情報発信中!)

 

 

「おぎの美術館」チラシの表記に誤りがございました。詳しくはこちらをご覧ください。

平城宮跡アオハルプロジェクトInstagramはこちら

平城宮跡アオハルプロジェクトTwitterはこちら

一覧へ戻る